スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターオーシャン4 プレイレビュー

フォールアウト3の編集・エンコードの合間に、積んであるゲームを処理しようと積みゲーエリアに。

どれがいいかなぁと吟味していたら、『スターオーシャン4』を発見。

p_l1230128440.jpg

そういやフレンドの博士が、ブログで攻略記事書いてたのを思い出した。

んじゃあ、やってみっか! とプレイすることに。

ちょいと長くなりますが、『新作・準新作ゲームを紹介する』という初心に戻って、序盤のストーリーを画像でご紹介しつつ、最後に戦闘シーン動画を用意しました。
(発売から半年~1年未満のゲームを準新作と定義しております)

初見プレイということもあり、解説の一部に誤りがあるかもしれませんがご容赦ください。
最後までお付き合い頂ければ幸い。

ネタばれ注意。

まずはパッケージを開封して驚いた。
ディクスが3枚入っている。
なるほど、スクエニお得意の特典ディスクってやつですな?
いいえ、メインディスク3枚です。
なに? 3枚組・・・・だと!?
XBOX360のゲームで3枚組とか、初めて見たんで驚きました。
すごーく久しぶりに『DISCを入れ替えてください』という表示を見ることになるんだろうか。
懐かしいね。 初代PSのFFシリーズのためにある言葉だと今でも思っている。

ちなみに前シリーズは未プレイです。
スターオーシャン1(SFC)を弟がプレイしているのを後ろで見て、『何これ、テイルズ?』と突っ込んだ人間のプレイです。



★----ここから本題----★


主人公エッジは宇宙船のクルーのようで。
何やら重要な任務を受け、船長他複数名のクルーと一緒に旅立ちます。

dmf090915-002_0001.jpg

なにこのイケメソ。
いつの時代も主人公補正は素晴らしいですね。
クールガイというよりは、熱くなりやすく無茶をしやすい精神年齢お子様だが、情には厚いタイプとお見受けしました。
画像の通りグラフィックは非常に綺麗です。
ムービー中と通常時のグラフィックに大きな変化がないため、ムービー移行がスムーズに無理なく行われているような印象です。
ロードは短いが、その肝心のムービーが長い。
序盤だから余計なのかね。

まぁいいや、出発進行。

dmf090915-002_0002.jpg

出発先は未開拓の惑星のようで、主人公の乗っている船含め、計4機での出発となりました。
(3機だったか4機だったかはアイ・マイ・ミー・マイン 歌:河合奈保子)
ところでこれ、グラディウスみたいな機体だね。

ワープゾーンに突入。

3.jpg

ここで毎度おなじみの緊急事態。
何やらワープゾーンでトラブルが発生したらしく、緊急脱出的な何かをするそうで。

4.jpg

運よく到着したのは、目的地であった未開の惑星。
森林が生い茂っており、地球で言うところのジュラ期のような星だそうです。
4機のうち、3機がこの星に不時着できたってさ。

さて、ストーリーはいったん置いておいて、システム・インターフェイス関連に目を向けてみよう。

5.jpg

コンパクトに整理されていて、項目数が多すぎないのがよかった。
それぞれの項目に解説が付いているので(×ボタンでセット、Yボタンで使用 とかね)割とすぐに慣れます。
ただ、少し文字が小さいのが気になりました。
特にHP・MPなんかのステータスパラメータ関連。
まあ妥協と慣れでどうにでもなるだろうと予想。


そのままこの地の探索を開始します。
カメラアングルは遠~近と自由にスティックを使って動かせます。
システム項目でカメラアングルや戦闘時のカメラ固定非固定などを選べるもよう。

6.jpg



探索を初めてしばらく経つと、何やら不穏な空気が。
予想してた通り、現地の原生生物が登場。
ジュラ期なので恐竜というオチではなく、たんなる虫でした。

船のクルーが銃で応戦!

7.jpg



しかし、虫は使徒だった!!
ここぞと言わんばかりにATフィールドを展開し、銃がまったく通用しません。


8.jpg


次々と倒れるクルー。
主人公は虫の攻撃をかいくぐり、味方が落したと思われる剣を手にする。

9.jpg



しかし主人公は勇者ダイだった!!

10.jpg

いや、思ったのは私だけじゃないと思うんだ。
ネタが古くてすまない、若いの・・・。



ともかく、アバンストラッシュ不思議な力の効果により、虫のATフィールドを無効化し足を切断!

11.jpg


ここから初戦闘~ という流れになります。
戦闘に関しては最後に動画を置いておきますが、簡単に感想を。

12.jpg

第一印象は、音楽かっけえぇ!→ 動きはえぇ! ってことです。
まあ音楽については最後の動画で実際に聞いてみて下され。

さて、戦闘はキャラを自由に操作して、ボタンによる連続攻撃や空中打ち上げからのコンボ、またはスキルを活用してのアクション要素満載のシステムです。
動きが早いので敵の後ろに回り込んだり、攻撃を回避してから反撃するといったスピーディな戦闘が味わえます。
また、操作キャラも戦闘中に自由に切り替えが可能です。

最初は早すぎて何やっていいか分からず連打ゲーになり、攻撃スカしまくってます。
概ね良好と言いたいところですが、HP・MP等のキャラステータスが見にくい。
小さすぎるんですわ。
キャラの顔とかもう少し小さくてもいいよ・・・。
このあたりも慣れなんでしょうかね。
でもヒロインのレイミがかわいいから許す。

もう1点不満をあげるとすれば、ターゲットロックオンが完全に自動である点でしょうか。
自由に切り替えられないので、狙いたい敵を集中攻撃しようにも敵が密集していると難しいようです。
これも慣れなの?それとも範囲攻撃を利用して巻き込む形で攻撃するのが正解?
でもヒロインのレイミがかわいいから許す。


さて話を戻しましょう。


戦闘を終え、船内に戻った主人公は船長に状況を説明する。
我々と同様に不時着した2号機の信号が途絶え、非常に危険な状況に陥っていると予想される。
そんな中、唯一軽症で済んだ主人公に、船長は2号機の調査・捜索を命ずる。
主人公『イエッサー』

13.jpg


あんたはあたしがいないとダメなんだからねっ!
と言いながらヒロイン参戦。
(いや、だいたいあってると思う)

14.jpg


そして2人で出発。

15.jpg

『俺たちの戦いはまだ、始まったばかりだぜ!』

スクエニ先生の次回作に(ry

ってな感じの画像でしょ。


捜索を開始してまもなく、怪しげな洞窟を発見。
ここまでに戦闘をいくつかこなしてLVも上がりましたが、HP回復がしんどい。
仲間になったヒロインがHP回復魔法を覚えているのがデフォだと予想してたのに、弓矢での遠距離攻撃だけ・・・だと?
回復アイテムはいくつかドロップするものの、常にHP満タン状態で戦闘に挑みたい私としては不安なところ。
ただ前述した通り、戦闘はアクション要素満載なので、私のようにゴリ押しプレイではなくヒットアンドアウェイを心がけたプレイであれば、HP常に満タンも可能ですわ。

16.jpg


洞窟を進む。
スライムやらコウモリやら、新しい敵がわんさか出てきます。
このあたりで、右上のマップだけでは物足りなくなってきました。
ダンジョンが広いので迷うんです。
全体マップやマッピング機能はあるんだろうか・・・。(まだ行っていない箇所がグレーになってたりとか)

17.jpg



外に出ると、海岸に到着。
そこで大破した機体と倒れた船員らしき人を発見。


18.jpg

倒れた船員『ふねをばくはしたのはぼくだよ』
主人公&ヒロイン『えっ』


状況を整理すると、調査している最中に隕石を発見→船に持ち帰り調査→船内に異常が発生→やむを得なく船を爆破 という流れらしいです。




何があったんだと問う主人公をよそに、何かが到着。

19.jpg


中から出てきたのは、エルフだった!!

20.jpg

いや、さすがに無理があるね。
耳だけだもんね。

この人はどうやら敵ではなく、船長および地球の本部に協力を要請されて参上した『エイリアン』らしいです。
まあ、宇宙人ってやつだね。


仲良くお話を・・・という場面、背後で怪しげな動きが!

21.jpg


この異人さんも急きょ参戦し、共闘することに。

ああ、そうそう。
この画像を見た人々は口を揃えてこう言ったよ。
この異人さんは『斎藤一の生まれ変わりである・・・』とね。



謎の生命体。 船員の残した言葉。 主人公の謎の力。 異星人の存在。 など不明な点が露わになりまくった序盤戦、これからどうなることやら・・・。

というところでお時間と相成りました。

プレイしたのはこのあと少しだけです。
プレイ時間は約3時間。
続けてプレイするかは時間と相談しながらって感じになりますかね。
だって3枚組だよ?
1週間に数時間って感じでまったりやると思います。 積まなければ。

そして最後に、肝心の戦闘ムービーをば。

音楽がかっこいいんだ。
調べてみたところ、バテンカイトスの作曲者様のようです。→桜庭統

通常戦闘(ヒロイン2戦→主人公1戦)ボス戦闘(主人公)の模様をどうぞご堪能下さい。
画面も大きめでね。




長文・乱文・意味不明なネタ満載でお届けしましたが、いかがだったでしょうか。
今後も新作・準新作のゲームは実況という形ではなく、このような形でご紹介していければいいかなと思っております。
もちろん、レビューの域を超えないよう、序盤のみの情報となりますが。

ご感想頂けますと幸いです。


※ 本来、ネタは真面目に解説するもんじゃないと認識しているのですが、あまりにやりすぎた感があるので元ネタ入れておきます

◆ アイ・マイ・ミー・マイン → 河合奈保子より。 ようつべです。

◆ 使徒 → エヴァより。 エヴァ知らない人もいるよね! ロボットアニメだもんね! ・・・おや、誰か来たようだ。

◆ 勇者ダイ → ダイの大冒険より

◆ 斎藤一 → るろうに剣心より、最初はヒュンケルにしてたんだけど、知名度の差で斎藤の勝利。 ガトチュ☆エロスタイム!の人って言えばわかるかね。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

スターオーシャン4乙です。

トライエースらしい作りになってますね。でもシステムが
テイルズシリーズに似てるでしょう。
実はSFC「テイルズ オブ ファンタジア」を開発したウルフチームが
トライエースを作ったんだよね。
3まではアニメっぽかったのに、4は見た目が全く違いますねフィールドシーンは
PS2ファンタシースターユニバースに似てますね。
ではSO4頑張ってください。(^_^)/~

No title

ネタ盛りだくさんでしたねwwるろうには知ってますよ!全巻持ってるのでw
でも実際あの構えするキャラって他でも結構いて驚くんですよね…
元祖は斉藤さんだと信じて疑いません(`・ω・´)キラッ
動画も見ましたが、3人とも聞いたことある声だったのにまずウケてしまった←
キャラステータスはほんと見づらいですね。
一心不乱に攻撃してたらHP減ってるのに気付かないで死にそうです;
スターオーシャンはブルースフィアしか知りません。
といっても、知っているのは主に漫画ですが…^^;
これからも積みゲー消費頑張って下さい!w時桜でしたー*
【千客万来】
【カレンダー】
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
【プロフィール】

コウリン☆

Author:コウリン☆
bomber_kourin.jpg
プロフ画はrabiさんに描いて頂きました。

【管理者情報】
性別:男性
年代:20代後半
職業:会社員
血液型:B型
居住エリア:南関東

【基本方針】
(初めての方へ)
ブログ・動画基本方針

【実況プレイ情報】
1.フラジール(完結)
フラジール
ニコニコマイリスト

2.Fallout3(DLC第3弾配信中)
フォールアウト
ニコニコマイリスト

3.ミラーズエッジ(完結)
ミラー図エッジ
ニコニコマイリスト

4.デモンズソウル(休止)
でもんずソウル
ニコニコマイリスト

【ラヂオの時間】
中心ボタンで再生できます
(第1回放送)22分


(第2回放送)41分


(第3回放送)34分


(第4回放送)38分


(第5回放送)71分


(第6回放送)82分


(第7回放送)86分


(特別編:ゲーム音楽)46分


(第8回放送)96分


(第9回放送)35分


(第10回放送)86分


【マリオカートWII情報】
・メインクラコン:満
3738-2947-7510
・サブハンドル:空き有
4554-4638-8682
・がち族:チームライセンス
2149-3401-5918
・大会用ライセンス
2063-6646-4768

【ボンバーマン情報】
3480-7761-5920

【ぶつ森情報】
名前:コウリン
村名:もっさり村
コード:4769-4914-9694

【スカイプ情報】
スカイプID:kourin-niconico
お気軽にコンタクト下さい。

【ご連絡先】
ご意見、感想、要望承ります。
kourin.nico@gmail.com

【相互リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。
一声おかけ頂ければ幸いです。

【録画&エンコ方法】
DVDレコーダーを使う場合
キャプチャーボードを使う場合:編集中

【ニコニコ動画コミュニティ】
【ニコニコミュニティ】コウリンのもっさりコミュニティ

【リンク集】
【カテゴリー別】
【最新記事】発言録
【最新コメント】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。